学部?大学院

学部?大学院

2017ゼミ発表大会

2017年12月6日(水)、本学の恒例行事であるゼミ発表大会が開催されました。

 ゼミ発表大会は、専門演習(専門ゼミ)に所属している学生が1年間にわたって取り組んだ研究成果や活動実績を発表する、伝統の行事です。また、1年生は2年次開講科目「プロフェッショナル?セミナー」での所属ゼミを決める上でのヒントを得ようと、各ゼミの雰囲気や先輩たちを見に参加します。
 以下、その様子をレポートします。
 まさに1年間の集大成の発表。ビジネススーツをまとった学生たちが、日ごろ磨いたプレゼンテーション?スキルを存分に発揮します。1年生にとっては、気になるゼミを見つけ、自分のやりたい分野へと進むための第一歩。メモを片手に、熱心に聞き入ります。2年生以上の学生も、それぞれプログラムを片手に、興味あるテーマを聴きに他のゼミの発表を見学したり、知人?友人の発表を聴きに行ったりしています。

 もちろん、大会の運営を担当するのも学生の仕事。ゼミ代表の学生委員たちが、会場の司会や受付も取り仕切っています。
 全発表が終了した後、井上副学長からご講評をいただきました。
最後は全体で記念撮影。
 恒例のゼミ発表大会ですが、昨年度から全学的にはじまったコンペティション形式、2部門で(研究会を含む)全ゼミ生が競い合いました。論文形式で研究の内容を評価する《論文》ならびにプレゼンテーション形式で発表のスタイルを評価する《プレゼンテーション》を2本の柱として、それらの総合でベスト論文賞?ベストプレゼン賞、金賞?銀賞?銅賞と審査員特別賞が決定しました。
 各界でご活躍中の方々を審査委員としてお招きし、発表内容やプレゼン技術を評価していただきました。示唆に富んだ貴重なコメントをいくつもいただき、学生も刺激を受けていたようです。

 今年度の各賞の結果は以下の通りです。おめでとうございます。

 また1年後の大会を目指して、学生の皆さんのますますの研鑽を期待しています。

2017ゼミ発表大会 コンペティション部門審査委員

審査委員長山岡 淳一郎氏作家、本学客員教授
審査委員針谷 和昌氏株式会社キュー代表取締役社長
上條 理恵氏千葉県警察市川警察署 生活安全課 少年係上席少年補導専門員
河本 敏光氏KDDIマネジャ
三好 陽介氏LandonlP合同会社ヴァイスプレジデント、本学客員教授
新野 泰子氏ニイノリンク株式会社代表取締役
審査委員の方、長時間にわたってご協力賜り、誠にありがとうございました。

受賞ゼミ

金賞:藤森ゼミ「地域活性化の提案:カミサカエリアの場合」
銀賞:深澤ゼミ「消費者のネットショップ選択に関する研究:経験価値に注目して」
銅賞:山川ゼミ「手塚コンテンツを活用した地域活性化の可能性に関する研究」
銅賞:伊波ゼミ「What is your love style?:あなたの恋愛タイプは?」

ベスト論文賞:深澤ゼミ「消費者のネットショップ選択に関する研究:経験価値に注目して」
ベストプレゼン賞:藤森ゼミ「地域活性化の提案:カミサカエリアの場合」

審査員特別賞:円城寺ゼミ:「ブラック企業は本当にホワイト化できるのか。」
岡星ゼミ:「リアル宝探しイベントの研究:オリジナル企画を創るワークショップ」
企業ビジネス研究同好会:「地方創生に必要なことは何か:鳥取県日野町の事例を中心に」

ゼミ発表大会2017 専門ゼミ発表テーマ

  • 澳门金沙城中心皆様へ
  • 保護者の皆様へ
  • 高校教員の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 澳门金沙城中心
  • 在学生?教職員の方へ